チラシなどを制作する時、印刷屋さんに依頼するわけですがその時に「紙」を選んで注文しなければなりません。
この紙の種類と厚さによって金額が違うのに、一般人にはコート90kgってどんな紙なのか全く想像がつかないと思います。
そこでちょこっと解説を。
(以前広告会社にいた時に得た知識なので万一間違っていたらどなたかご指摘下さい(^_^;))

・コート紙とマットコート紙

コート紙というのは両面に薄くコート剤を塗布してある紙で、ツルツルした紙のことです。
「コンサートなどに行くと配られる宣伝用のチラシ」などがこのタイプですね。
マットコート紙というのはいわゆる普通の「紙」のことです。「ハガキのような紙」というと分かり易いでしょうか。

・厚みなのに何故kgなのか

これは印刷用語なんですね。
印刷用紙の単位である一連あたりの重量(連量(同じ規定の寸法に断裁された紙1,000枚=一連))を表します。
簡単に言うと「その紙を1000枚重ねたkg」ということ。
つまり、重くなればなるほど厚みも増す、ということです。
だがしかし。90kgとか言われても1000で割った厚みなんて想像もつかないですよね(^_^;)
以下、ざーーーっくりですが厚みの目安です。
73kg…新聞紙
90kg…コピー用紙
110kg…一万円札
135kg…週刊誌の表紙
180kg…郵便局の年賀状
220kg…市販されている私製はがき

ですから、チラシを作られるのであれば90kgか110kg
ハガキなら180kg
…という感じで選ばれたらよいと思われます。