制作のツボ

Welcartのお客様情報入力画面の記入例をカスタムする

Welcartではお客様情報を記入する部分に記入例が書いてあるのですが、電話番号が「1000-10-1000」とかになっているので(^_^; サイトに合わせて修正したい場合があると思います。
その場合には手元にある「usc-e-shop」(Welcartのプラグインの入ったフォルダ)>functions>function.php に以下を追加します。(<?PHP 以下に書かないとダメですよー)

※郵便番号フィールドの記入例

add_filter( ‘usces_filter_after_zipcode’, ‘my_filter_after_zipcode’, 10, 2);

function my_filter_after_zipcode( $str, $applyform ){

return ‘郵便番号のサンプル';

}

※市区群町村フィールドの記入例

add_filter( ‘usces_filter_after_address1′, ‘my_filter_after_address1′, 10, 2);

function my_filter_after_address1( $str, $applyform ){

return ‘市区群町村のサンプル';

}

※番地フィールドの記入例

add_filter( ‘usces_filter_after_address2′, ‘my_filter_after_address2′, 10, 2);

function my_filter_after_address2( $str, $applyform ){

return ‘番地のサンプル';

}

※ビル名フィールドの記入例

add_filter( ‘usces_filter_after_address3′, ‘my_filter_after_address3′, 10, 2);

function my_filter_after_address3( $str, $applyform ){

return ‘マビル名のサンプル';

}

※電話番号フィールドの記入例

add_filter( ‘usces_filter_after_tel’, ‘my_filter_after_tel’, 10, 2);

function my_filter_after_tel( $str, $applyform ){

return ‘電話番号のサンプル';

}

※FAX番号フィールドの記入例

add_filter( ‘usces_filter_after_fax’, ‘my_filter_after_fax’, 10, 2);

function my_filter_after_fax( $str, $applyform ){

return ‘FAX番号のサンプル';

}

ちなみに、項目を削除する場合には(ここではフリガナのフィールド)

add_filter( ‘usces_filter_furigana_form’, ‘my_filter_furigana’, 10, 3);

add_filter( ‘usces_filter_furigana_confirm_customer’, ‘my_filter_furigana’, 10, 3);

add_filter( ‘usces_filter_furigana_confirm_delivery’, ‘my_filter_furigana’, 10, 3);

function my_filter_furigana( $furigana, $type, $values ){

return ”;

}

とするそうです。

この変更を加えたfunction.phpをサーバーの
wp-content>plugins>usc-e-shop>functions>function.php
に置き換えてやればOKです。

★必ず複製を取ってから作業しましょう
★保存時にエンコードを間違えないように気をつけて下さい

引用元:
Welcartコミュニティ「
お客様情報の入力見本を変更したい」


WordPress/Contact7 スパム対策

以前にIPの表示の仕方を書きましたが、更にパワーアップ? リモートホストネームと使用ブラウザなどを表示させる方法と、ロボットによるスパム書き込みが出来なくなるようにクイズを設定する方法です。

=============================================
★リモートホストネームと使用ブラウザを表示させる
=============================================

(1)使用しているテーマのfunction.phpに以下を追加。

//Contact Form 7 ホスト名取得 cf. http://ja.forums.wordpress.org/topic/3470
add_filter(‘wpcf7_special_mail_tags’, ‘wpcf7_special_mail_tag_for_remote_host’,10,2);
function wpcf7_special_mail_tag_for_remote_host($output, $name)
{
// Special [wpcf7.remote_host] tag
if(!isset($re_addr)){ $re_addr = $_SERVER[‘REMOTE_ADDR’]; }
if(‘wpcf7.remote_host’ == $name){ $output = gethostbyaddr($re_addr); }
return $output;
}

//Contact Form 7 ブラウザー情報取得 cf. http://ja.forums.wordpress.org/topic/3470
add_filter(‘wpcf7_special_mail_tags’, ‘wpcf7_special_mail_tag_for_remote_ua’,10,2);
function wpcf7_special_mail_tag_for_remote_ua($output, $name)
{
// Special [wpcf7.remote_ua] tag
if(!isset($u_agent)){ $u_agent = $_SERVER[‘HTTP_USER_AGENT’]; }
if(‘wpcf7.remote_ua’ == $name){ $output = $u_agent; }
return $output;
}

★追加する場所は 「?>」より上

(2)Contact7の送信データに以下を追加(必要なら返信用のメール2のデータにも追加)

■投稿者情報
ホスト名:[wpcf7.remote_host] (IP: [_remote_ip])
ブラウザ:[wpcf7.remote_ua]

=============================================
★ロボットスパム防止のためにクイズを設定する
=============================================

[quiz capital-quiz “質問?|答え”]
をフォームに書き足すだけです。
この答えを書かないと送信出来なくなります。

以下のような形でフォームに追加

<p><b>【いたずら防止】(必須)</b><br />
※ロボットスパム書き込みを防止するため、お手数ですが以下のクイズに答えて下さい。<br />
[quiz capital-quiz “犬を平仮名で書くと?|いぬ”]

クイズは何でもOKですが万人が答えられないような物や人によって違う書き方をする物は避けましょうw
日本語の答え(特に平仮名)にすれば海外のスパムはまず間違いなくカット出来ると思います。


WordPressでコメントアウト出来ない

WordPressのフォーラムに回答がございました。
http://ja.forums.wordpress.org/topic/1593?replies=3
簡単に言うと、コメントアウトしようと思った部分にhtmlのタグがあるとコメントアウト出来ないっちゅー事らしいです。
これ、なんだかとっても不便ですね。
・・って事はPHPのコメントアウト使えばコメントアウト出来るのかな?

# ちょっとテスト

// さらにテスト

/* もっとテスト */

できないじゃん(爆)


↑正しくコメントアウトされてますが、ここには
<!– 従来のコメントアウト –> と書いてあります。

そして、htmlタグが入った場合。
<!– <span class=”red”>赤い文字</span> –>
・・と記述すると

XHTML: 利用可能なタグ: <a href=”” title=””> <abbr title=””> <acronym title=””> <b> <blockquote cite=””> <cite> <code> <del datetime=””> <em> <i> <q cite=””> <strike> <strong> <img localsrc=”” alt=””>
–>

こんな事になる。

うーむ。

おっっっ!!!!!!
htmlタグを回避してコメントアウトするといける!!!
<span class=”red”><!– 赤い文字 –></span>
これだとコメントアウトされるようです。
↓ほらw

けど、これだと複雑なhtmlで(例えばテーブルとか)だとダメだね。。(´・ω・‘)ショボーン


WordPressにhtmlやphpのタグを表示させる場合

ごく初歩的な事ではありますが。
WordpressはPHPで書かれているので、記事にhtmlやphpのタグをそのまま書いてしまうと、その部分はタグとして認識されて、文字としての表示はされなくなってしまいます。
よって、<とか>は「&lt;」とか「&gt;」(&も半角で。これを表示させるにはどうしたらいいんだろうww)と書いてあげます。
ところで、コメントアウトしようと思っても表示されてしまうんですけど、(<–○○○–>が効かない)これってどうしたらいいんでしょー。
ちと、ググります。


WordPress.com statsがカウントしない件

私が運営しているくろねこくらぶのstatsウィジェット、Wordpress.com statsがサーバーを引っ越ししてからピッタリ止まってしまっていました。
一度削除して入れ直しても過去のデータが復活するだけで変化はなく・・・色々ググッてて原因が分かりました。
</body>の後に
<?php wp_footer(); ?>
という記述がないとダメなんだそうで。
私がくろねこくらぶで使用していたテーマはそれがなかったみたいです。
フッターの編集したら動き始めました(^-^;)
同じ事で悩む人がいるかもしれないので、ここにメモしておきます。


XserverでのEC CUBEのインストールについて

練習用にEC CUBEをインストールしようとしたけど、四苦八苦。
ネットであれこれ調べて散々手をかけ、何度もやり直し・・・・・
define.phpを書き換えたり、install.phpを書き換えたり、それでも500エラーが出まくり。凹
やっとインストールまでいけたと思ったら管理画面が真っ白。orz

その後にここを見つけました(T△T)
▼エックスサーバー マニュアル インストールについて>EC-CUBE
http://www.xserver.ne.jp/man_install_ec.php

何の事はない。
この通りにやったらスパッとインストール出来ましたがな。(^^;

エックスサーバーではEC CUBEを自動インストールしていないから、まさかサポートしてるとは思わず探しもしませんでした。
灯台下暗しとは正にこの事。
カスタムするついでに何か売れるようにしようかな~

XserverではPHPのパーミッションに666とか777を使用できません。
ここを間違えると動きませんので、上記URLの通りに一つ一つ丁寧に進めましょう。
私は先にネットであれこれファイルの中身とか書き換えてしまっていたのでかえってややこしかったので、一旦「素」の状態(ダウンロードしたそのままの状態)に戻してから作業する事をオススメします。


  • 最近のコメント

    • スポンサードリンク

    • Copyright © 1996-2010 TOMATO FACTORY. All rights reserved.
      iDream theme by Templates Next | Powered by WordPress